アトピーはお茶で緩和できるってホント?

アトピーの症状緩和に効果がある物と言えば、サプリ、ヨーグルト、漢方など
様々あります。
私たちが慣れ親しんで飲んでいるお茶がアトピーに効果があるのはご存知ですか?
お茶がなぜアトピーに効果があるのか?どんなお茶が有効なのかを含めてご紹介したいと思います。

なぜアトピーにお茶なの?お茶とアトピーのヒミツ

緑茶などのお茶は体に良いと言う事は良く知られた事実ですが、
アトピーに効果があるのはなぜなのでしょうか。
お茶の種類にもよりますが、お茶にはいろいろな効果が期待できるんです。
・免疫力アップ
・抗酸化作用
・自律神経を整える
・ホルモンバランスを整える
・デトックス効果
・血液をサラサラにする
などなどこれでもかと言うくらい多くの効果があり、これらはアトピーを中心としたアレルギー症状に大きく関係しているものばかりなんです。
これでお茶がアトピーに効くと言われるワケがわかりますね。

アトピーに効くお茶まとめ

お茶と言っても種類は意外にも多くありますから、その中でもアトピー症状に、より効果を発揮してくれるお茶をまとめてみました。
○ルイボスティ
ルイボスティには整腸作用や免疫力を上げる効果があります。
また、活性酸素を排出する効果まであるので、細胞を活発にして健康体にもしてくれますよ。
ノンカフェインなのも大きな魅力です。

○柿の葉茶
あまり聞いた事ない名前かもしれませんが、アトピーに効果があると話題になっているのが柿の葉茶なんです。
ビタミンCの量が非常に豊富で、肌の乾燥を防いでくれるのが良いとされています。

○しそ茶
しそ茶にはアトピー改善サポートに役立つ“抗ヒスタミン”成分が多く含まれています。
その中でも“αリノレン酸”はアトピーに大きな効果があります。
その他にも保湿効果、リラックス効果などがあり、総合的にアトピーに有効な優れたお茶と言えます。

○どくだみ茶
10個の効能があるとされるどくだみ茶は、万能茶とも呼べるほど効果が高いことでも知られています。
どくだみ茶にはデトックス効果や腸内環境を整える効果があり、それがアトピーに効果があるのです。
好きな味のお茶などそれぞれ好みもあると思います。
まずはそれぞれ試して、味や効果を確かめてからお気に入りのお茶を見つけてみてはいかがでしょうか。

アトピーにはあのヨーグルトが効く?!

アトピー性皮膚炎でお悩みの方は症状緩和のために、既に様々な
食材や方法などを試されていると思います。
近頃、お馴染のヨーグルトがアトピーの緩和につながるとウワサになっているのはご存知ですか?
なぜヨーグルトがアトピーに効くのでしょうか?

ヨーグルトがアトピーを緩和してくれるワケ

○腸内環境を整える
アトピーの症状がある方は消化器系が弱い方が多いとされています。
そこで善玉菌をどんどん作り出すサポートをしてくれる働きのあるヨーグルトを食べて、腸内環境を整える事でアトピーの緩和に繋げます。

○免疫力を上げる
消化器系同様にアトピー患者さんは免疫力があまり高くない方もいます。
ヨーグルトには免疫力を上げる効果もありますので、アトピーにも有効とされています。

アトピーにおススメのヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはそれぞれに特徴があります。
その乳酸菌によって効果が違うのです。
そこでアトピーに効果のある乳酸菌とそれを含んだ商品をご紹介します。
・L-55乳酸菌 オハヨー乳業 たっぷり生乳ヨーグルト
・LGG乳酸菌 タカナシ乳業 おなかへGG!
・KW乳酸菌 小岩井乳業 プラズマ乳酸菌ヨーグルトKW乳酸菌プラス
これらの乳酸菌はアレルギーに効果があると言われている種類なんです。
アレルギーに対する効果はありませんが、最近流行りのカスピ海ヨーグルトも
免疫力などの点から、効果が期待できます。

ヨーグルトには飲むタイプもありますので、ご自分の生活に合わせて選べるのも良いですね。

注意点は?

ヨーグルトがアトピーに効果があると聞いて「あれ?」と思われた方もいると思います。
なぜなら、アトピーの原因には食物アレルギーも大きく関係しています。
乳製品でアレルギーが起こる方でも乳酸菌であるヨーグルトは食べても大丈夫
な場合がありますが、乳製品でアレルギー反応を起こしてアトピーの症状が出る方は、緩和されるどころかかえって症状を悪化させる可能性もありますので、主治医などに相談してから試してみて下さい。
また、何でもそうですが、摂り過ぎにも注意です。
いくら良くても乳酸菌を摂り過ぎると下痢などの症状に襲われる可能性もありますので、適量を食べるようにしましょう。
ヨーグルトだけでアトピーが完治するとは言い難いですが、乳酸菌がサポートしてくれる効果は十分に期待できます。
ご自分に合った乳酸菌を見つけて、アトピーの緩和にお役立て下さい。

アトピーの痛み

アトピーというと、痛みと発熱をプラスして、人の三大アラームなどと言われることも多く、諸々の病気で生じる病状です。そういう理由から、アトピー感のある病気は、数え切れないほどあるとされています。
今日医学も進歩して、いろんな病気に関しても、研究はされています。しかしながら、今もなお手の施しようのない方々がたくさん見受けられますし、治療することが不可能な病気が数多くあるというのも現実なのです。
パーキンソン病になり始めた頃に見られる症状が、手足の震えだとされています。その他には、筋肉の硬直とか発声障害などが見受けられることもあると聞かされました。
発見が遅れれば遅れるほど、死亡率が高まる肺がんの主な危険ファクターは喫煙で、煙草を好む人が肺がんに罹患する率は、煙草を嫌う人と対比して10倍を超すこともあるとされています。
急性腎不全ですと、最良の治療を受けて、腎臓の機能を衰えさせた主原因を取り去ることができるのなら、腎臓の機能も元のようになるに違いありません。
医療用医薬品と申しますと、医師が示した日にち内に全て服用すべきです。ネットなどで買い求められる医薬品は、包装に書いている使用期限を確かめるといいでしょう。未開封であったら、大体使用期限は3~5年だといわれます。
現在でも比較的周知されていませんが、ぜんそくが恐れられているのは、命を無くしてしまうリスクのある病だとわかっているからです。1年の間に、約2000人の患者が、ぜんそくの発作で最後を迎えているらしいです。
古くはアトピー性皮膚炎は、成人前の子に発症する疾病だと考えられていたようですが、このところ、二十歳過ぎの人でもよく見られます。適した治療とスキンケアを行なうことで、完治できる病気なのです。
心筋梗塞は早い時間帯に見られることがままあるので、目覚めたら、先にグラス1杯程度の水分を飲むように意識して、「眠っている時間帯に濃度が上昇した血液を希薄化する」ことが肝要だと思われます。
健康な間は、健康の大切さを意識することはそれほどないのでは!?健康の大切さとは、病気に罹ってやっと自覚するものだと言われます。健康体というのは、最も喜ぶべきことなのです。
不規則な生活サイクルは、自律神経をアンバランスにする結果となり、立ちくらみを齎します。食事は勿論、横になる時刻なども一定になるようにして、毎日の生活パターンを極端に変えることがないようにしたいものです。
肺などにシリアスな心配の種が見られない時でも、アトピーに陥ることがあって、「アトピー=死」という不安から、尚の事症状がエスカレートすることがあると聞きました。
今日現在、膠原病は遺伝することはないと判断されており、遺伝だと認めざるを得ないようなものも何も出てきていません。とは言え、先天的に膠原病になるリスクの高い人が存在するとも指摘されています。
くすりと言われているのは、病気からくる熱を下げさせたり、その原因を排除することで、自然治癒力の手助けをするわけです。更には、病気の感染予防などのために渡されることもあり得るのです。
最近では医療技術も向上し、いち早く治療に取り組めば、腎臓のメカニズムの減衰を食い止めたり、スピードダウンさせたりすることができるようになったと聞いています。

辛いアトピーには漢方が効く!

アトピー性皮膚炎の治療薬と言えば、ステロイド剤の塗り薬や抗アレルギーの内服薬などが一般的ですよね。
しかし、アトピー性皮膚炎の症状緩和に漢方が効くのはご存知ですか?
体にも優しい漢方薬が注目を集めています。
痒くて我慢が出来ないような辛いアトピー症状の完全をサポートしてくれる
漢方薬をご紹介したいと思います。

アトピーに効果のある漢方薬

症状に合わせて効果を発揮するのは漢方薬の特徴でもあります。
○ジュクジュクしているタイプのアトピー
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
・竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
・消風散(しょうふうさん)

○カサカサしているタイプのアトピー
・温清飲(うんせいいん)
・四物湯(しもつとう)

○ストレスで悪化しているタイプのアトピー
大人のアトピーに多くみられるストレスで悪化する症状には、
ストレスの軽減効果がある漢方薬を服用する事で改善を図る事が出来ます。
大人アトピーの悪化の原因にもなっているストレスを改善してくれる漢方薬です。
・加味逍遥散(かみしょうようさん)
・柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)

これらはあくまでも一例にすぎません。
漢方薬は種類が多いので、これだけに絞らずに病院や専門の薬局などに
相談して処方してもらいましょう。

漢方のメリット

漢方の1番のメリットは副作用が少なく、安心して服用できる事です。
自然由来の生薬を原料として使われていますので、体に優しいですね。

漢方のデメリット

漢方は体質改善を目的にして、徐々に効果を発揮する薬です。
即効性がある訳ではないので、しばらく飲み続けるのを面倒と感じる方もいるでしょう。
また、独特の苦みを嫌がる方もいます。
更に病院で処方選を貰えば別ですが、値段が高い漢方もあります。
漢方は人によって、それぞれ効果が出るもの、出ないものがあります。
他の人に合ったからと言って自分も絶対に合うとは言い切れないのです。
しかし、一般の薬は使いたくない、子供に使わせたくない方も最近は増えてきていますので、のんびり体質改善から始めたいと言う方には最適の治療法とも言えます。
まずは1度お試しになってご自分に合うかどうか見極めてみてはいかがでしょうか?

 

アトピー治療にステロイドがいやっていう方が漢方藥を試してみたいということなのだろうと思いますが
今では、良い天然自然商品も出ているみたいなのでそれを併用するというのもありだと思います。
こんな商品です。

http://www.pubduvillage.com/

レビュー付でとってもわかりやすいですね。
まずは、漢方+自然商品で試してみて、それで駄目だった時にステロイド治療へ移行という手順がベストかと思います。

アトピーは温泉で治る?!全国にもあったアトピーに効く温泉

アトピーの症状は患者さんしか分からない辛さがあります。
痒みで夜も眠れないような日々を送っている方は本当に大変です。
薬もステロイドが心配だし出来れば自然の物で何とかしたいとお考えの方に、
温泉でのアトピー緩和をおススメします。
アトピーと温泉の関係、全国にあるアトピー症状に有効だと言われる温泉を
ご紹介します。

なんで温泉なの?アトピー緩和と温泉の関係

温泉と言ってもそのお湯の種類は様々あるとは思いますが、どんな温泉がどんな風にアトピーに効くのでしょうか?
温泉と一言で言っても、その種類は10以上に分かれています。
各地の温泉に行ってもお湯の色やニオイが違うのはそのせいです。
その中でもアトピーに効くと言われている種類は結構あります。
単純温泉・酸性泉・硫黄泉・硫黄塩泉・炭酸水素泉・塩化物泉・放射能泉・含鉄泉
これらの殺菌効果や保温効果によってアトピーが緩和されると言われています。
しかしながら、全部の温泉が自分に合うとは言うワケではないので、効果は人それぞれ
差があるのも事実なんです。

温泉でのアトピー治療で気を付ける事は?

いくら効果があってもどの温泉でも気にせずに入る事はおススメできません。
いくつか注意する事もあります。
・熱めのお湯は控える
まず、熱めのお湯は入らないで下さい。
過度に温めると痒みが増して掻きむしってしまうなどして逆効果になります。

・敏感肌の方は単純温泉
敏感肌などのデリケートな肌質の方が刺激のある酸性泉などに入浴すると
皮膚に悪影響になります。

・反対に菌が付いて悪化する恐れもある
公衆浴場である温泉はたくさんの方が入浴します。
そこで菌に触れると余計に症状が悪化してしまう事にもなり兼ねませんので、
清潔な温泉を選んで入るようにしましょう。
また、アトピーの状態にもよるので心配な方は、主治医などに相談して入浴するようにして下さい。

全国のアトピーに効果のある温泉

○北海道・東北
十勝岳温泉 北海道
川湯温泉 北海道
酸ヶ湯温泉 青森県
鳴子温泉 宮城県
蔵王温泉 山形県
磐梯熱海温泉 福島県
など

○関東
那須湯本温泉
草津温泉  群馬県
八塩温泉 群馬県
芦之湯温泉 神奈川県
など

○北陸・中部
熱川温泉 静岡県
野沢温泉 長野県
和倉温泉 石川県
月岡温泉 新潟県
東尋坊温泉 福井県
西浦温泉 愛知県
など

○近畿
有馬温泉 兵庫県
湯川温泉 和歌山県
長野温泉 大阪府
など

○中国・四国
郷録温泉 岡山県
鳥取温泉 鳥取県
湯の川温泉 島根県
祖谷温泉 徳島県
矢野温泉 広島県
など

○九州
嬉野温泉 佐賀県
雲仙温泉 長崎県
地獄温泉 熊本県
宝泉寺温泉 大分県
白鳥温泉 宮崎県
屋久島温泉 鹿児島
など
これらはほんの一例で、まだまだ多くの温泉がアトピーに効果があるとされています。

温泉によるアトピーの効果は完治を目的としないで、あくまでもサポートとしてお考えください。
数多くの温泉の中からご自分に合ったものを探して、症状の緩和につなげて下さい。

アトピー改善に効果のある食事は?

ご自分やご家族がアトピー性皮膚炎の症状に悩んでいたら、何とかして改善したいと思うのは当然の事ですよね。
薬を飲めば効果は望めますが、出来れば薬は最終手段として取っておきたい
と言う方におススメなのは食事でアトピーの緩和をサポートする方法です。

アトピーと食事について

まず、アトピーを引き起こしてしまう患者さんの特徴として、胃腸、免疫、代謝、血圧などが低かったり弱かったりする方が多いんです。
アトピーの主な原因として食物アレルギーが挙げられ、特にお子さんの乳幼児型アトピーの原因のほとんどが食物だと言われています。
ですから、アトピーを緩和するために食事を改善するのはとても有効な方法なんです。

アトピーの方が心がけるべき食事の仕方

では、実際にどんな食事を心がける必要があるのでしょうか?
アトピーに悩まされやすい方は免疫力や代謝率を上げたり、消化器系を正常に働かせる事が有効です。

○ビタミンやミネラルは積極的に
免疫力を高めたり、皮膚の生成にも重要な役割を果たしてくれるビタミン、ミネラルをしっかり摂りましょう。

○油を見直す
油分や脂質もアトピーの原因や悪化に影響を及ぼします。
普段使っている油を“オメガ3であるαリノレン酸”がアトピーに効果があるので、αリノレン酸を含むアマニ油、エゴマ油、しそ油などに変える事も有効です。

○腸内環境を整える
善玉菌を増やして腸内環境を整え腸を強くしたり、免疫力を上げたりする事でアトピーの改善をサポートできます。
食物繊維の豊富な野菜などを積極的に摂ってみましょう。

アトピーの方が避けるべき食材

牛乳、小麦粉、そば、ナッツ類、卵、豆類など一般的にアレルギーを起こしやすいとされる食材を避ける事は大事です。
その他、ジャンクフードやインスタントフード、糖分の多いもの、添加物などが含まれている食事もアトピーを悪化させやすいので、避けるようにして下さい。

何と言ってもバランスが大事

何と言ってもやっぱり大事なのはバランスです。
良いと言われる物だけを食べたり、過剰に摂ったり、控えたりするのも良い事とは言えませんので、バランスを良く考えて食事は摂るようにしましょう。
食事でのサポートだけではアトピーの完治は難しいとは思いますが、
体質を変える事が緩和や改善につながる可能性も大いにありますので、
ぜひ参考にしてみて下さい。

アトピーは命にかかわることもある

肺や心臓などに恐ろしい心配の種が見られない時でも、アトピーが出ることがあり、アトピーは命に関わるという感覚から、余計に症状が悪化の一途を辿ることがあるのだそうです。
健康だという人でも、身体に細菌が入って来ると、免疫力が一段と落ちます。幼い頃から病気で休みがちだったという人は、忘れることなくうがいなどをすべきですね。
これまではアトピー性皮膚炎は、子供が罹る疾病だと言われていたようですが、ここ最近は、二十歳過ぎの人でもよく見られます。的を射た治療とスキンケアに頑張れば、修復できる病気だと断定できます。
通常であれば、体温が低下することになると新陳代謝が低下し、ウイルスを退治する免疫力が格段に落ちてしまうのです。この他には、夏と照らし合わせると水分を補充するなどということもないため、体内の水分量も減る一方です。
脳卒中につきましては、脳の内側にある血管が詰まりを起こしてしまったり、その事が災いして破裂したりする疾病の総称であります。数種類に区分できますが、格段に多いと発表されているのが脳梗塞だと言われます。
発見が遅くなればなるほど、死亡する公算がアップしてしまう肺がんのなによりのデンジャラス因子は煙草で、毎日タバコを吸う人が肺がんに陥る可能性は、タバコとは無縁の人と比較して20倍近くと言われているようです。
インフルエンザウイルスに冒されることにより、陥る疾病がインフルエンザです。頭痛や関節痛、高い熱が継続するなど、バラエティに富んだ症状が不意に出現するのです。
睡眠障害と言いますと、睡眠に関係する疾病全体を色々と意味するキーワードで、深夜の睡眠が阻害されるもの、起きているべき時間帯に眠くてしようがないものも入ります。
言うまでもないことですが、「自然治癒力」が確実にその働きをしないことだってあるのです。そんな時に、身体の快復のお手伝いをしたり、原因を取り去るために、お薬を用いるのです。
膠原病が女性に多く見られるのは、女性ホルモンが影響しているからだと想定されています。とは言え、男の方が発症することが目立っているという膠原病もあるそうです。
自律神経失調症というのは、生まれた時から敏感で、極度に緊張する人がなってしまう病気だと聞いています。感受性豊かで、どうってことない事でも気に掛けたりするタイプが大部分です。
女性ホルモンについては、骨密度を一定にする役割を担っているそうで、女性ホルモンの分泌が減少し出す50代に骨粗しょう症に見舞われることが多いと公表されています。
糖尿病につきましては、インスリン生成が困難な「1型糖尿病」もあるわけです。こっちは自己免疫疾患だとされていて、遺伝がそれなりに影響しているのは間違いありません。
急性腎不全に於いては、最良の治療を受けて、腎臓の機能を劣化させた原因を克服することが適うのなら、腎臓の機能も元の状態に戻るのではないでしょうか?
蓄膿症だとわかったら、直ぐに専門に出掛けることが重要になります。治療自体は長くかかるものではないので、変わった色の鼻水が生じるなど、おかしいと思うようなら、大急ぎで医者に行きましょう。

なぜアトピーになるの?アトピーの気になる原因とは

アトピーと聞くと、赤みや痒みを伴って非常にツライイメージがありますよね。
子供から大人まで掛かる可能性のあるアトピーですが、一体どんな事が原因になるのでしょうか?
気になる原因や症状などまとめてみました。

アトピーとは?

アトピーとは正しくはアトピー性皮膚炎と呼ばれる慢性的な皮膚疾患です。
乳幼児型アトピー、成人型アトピーの2つに分ける事が出来ます。
乳幼児型アトピーは、産まれて半年後くらいから症状が現れますが成長するにつれ、
自然と治ってしまうケースが多いです。
それに対して成人型アトピーは、子供の頃にアトピーの症状が無くても思春期以降や
20歳以上で発症するもので、重症化しやすいのも特徴です。

気になるアトピーの主な原因

アトピーは、様々な物にアレルギー反応を起こして症状が現れてしまいます。
そのアレルギーを起こす
○乳幼児型アトピー
・食物
乳幼児型アトピーのほとんどが食物アレルギーが原因と言われています。
特に、卵、小麦、牛乳、そば、大豆、お米が症状を引き起こしますので、赤ちゃんの場合は、授乳するママも気を付けなければなりません。

・ダニ
ダニが原因の乳幼児型アトピーは少ないですが、小学生くらいになってから発症する場合は、ダニが原因になっている事もあります。

○成人型アトピー
・ダニやホコリ
成人型アトピーの多くはダニが原因と言っても過言ではありません。
また、ハウスダストとも呼ばれるホコリでも発症しますので、部屋の掃除や換気は欠かさず行う事が大切です。

・ペット
最近は室内でペットを飼われる方も多いですが、ペットの毛などに反応してしまう事もありますので、ペットはブラッシングしたり、常に清潔にしてあげましょう。

・食物
乳幼児型アトピーとは反対に成人型アトピーの原因が食物である事は少ないと言われていますが、全くないとは言い切れないので、こちらも注意は必要です。

もしかしてこれってアトピー?アトピーの症状

アトピーの症状は、顔や体全体に長期間痒みが出ます。
軽度であれば肌がカサカサする程度ですが、重症化すると赤く腫れあがってジュクジュクしたり、皮膚が剥がれたりします。
症状によって治療方法も違ってくるので、医療機関に相談する必要があります。
アトピーの症状はツライものなので、そのまま放って置けるものではありません。
薬や漢方などいろいろな治療方法がありますが、どの治療を選ぶにしても1度は医療機関を受診して、ご自分に合った治療法を見つける事をおススメします。